ビタミンと乱視の関係について

ビタミンが乱視に効く?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビタミンの入ったサプリメントの摂取で乱視が治るわけではありません。しかし、乱視の原因になる眼球の乾燥や、網膜の色素改善などが期待できるのです。ビタミンの入ったサプリメントを摂取することで、乱視の症状を緩和し、より良い目の環境を作っていきましょう。

乱視に効くビタミン


乱視に効くビタミンは様々なものがありますが、その中でもとくに効果を発揮するのが、ビタミンA、ビタミンB1、B2、ビタミンCです。これらのビタミンをまんべんなく摂取することによって乱視の症状を緩和させていくことが可能です。

特に大切なのは一度に沢山ビタミンを摂取するのではなく、これらのビタミンが入った食事、またはサプリメントを毎日摂取し続けることなのです。

ビタミンA


眼の角膜を作る成分の中で、最も重要なのがこのビタミンAです。ビタミンAをきちんと摂ることで目の疲労を防ぎ、乱視の進行防止が期待できます。主にレバーや、牛乳、ほうれん草、ブルーベリー、卵の黄身などに含まれています。

また、ビタミンAを効率よく摂取するためには、同時にビタミンDが必要不可欠です。ビタミンDは魚に多く含まれています。組み合わせることによって、視力低下なども同時に防ぐことができるのです。

ビタミンAが不足すると鳥目といわれる暗い場所でものが見づらくなる症状を引き起こすこともあり、他にも視力低下や眼の病気にもかかりやすくなります。

スポンサーリンク


ビタミンB1


ビタミンB1には眼の疲れを取り除いたり、視神経の働きを強くしてくれる効果があります。また、粘膜の状態を健康に保つための大切な要素も含まれているのです。ですが、ビタミンB1は体内に蓄積させることができません。

そのため、日々の摂取がとくに大切です。ビタミンB1を含む食品は卵や大豆、小豆などの豆類やインゲ緑黄色野菜などがありますが、やはり毎日摂取していくならサプリメントがおススメです。

ビタミンC


ビタミンCは白内障を予防し、瞳や粘膜を清潔に保つ栄養素です。目の老化を防いでくれることでも有名な栄養素の一つです。ビタミンCは主に果物に含まれています。

イチゴやキウイ、オレンジなどに多く含まれており、他にもイモ類や大根などからも摂取することができます。ですが、ビタミンCも水溶性で、体の中から常に排出されてしまうため、ビタミンB1同様、毎日の摂取が必要です。

サプリメントで毎日栄養補給


食事だけではなく、ビタミンA、ビタミンB1、B2、ビタミンCなどはサプリメントからも摂取することができます。サプリメントは食事と違い、決まった量を手軽に毎日摂ることができます。

毎日定量のビタミンサプリメントを摂取することで、乱視の症状を緩和させることができるのです。日頃から、乱視の症状緩和に効果のあるビタミンサプリメントを摂取するよう心がけましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加