乱視と深視力の関係について

乱視だと深視力が落ちる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

乱視の症状がある場合、遠近感や立体感を把握する感覚が弱いといわれています。これは深視力と呼ばれ、大型運転免許や二種免許、操縦の資格などを取得するのに必要な視力のことです。軽度の乱視の方なら簡単に裸眼で合格できますが、乱視度数の強い方はきちんとした矯正を行わなくては難しい検査となっています。

深視力とは?


深視力とは、通常の視力とは異なり立体を把握する能力のことをいいます。簡単にいうと「立体感や遠近感がどのくらい正確に見ることができるか」という検査です。深視力を検査するにはいろいろな方法がありますが、一般に検査として行われているのが三桿法です。三桿法の奥行き知覚検査機という機器で検査が可能になっています。黒い3本の棒が並んでおり、その真ん中の棒が他の棒と並んだ時点でボタンを押し、その誤差で能力を調べます。乱視や弱視、視神経が鈍い方などには不得意とする方が多く、大型免許などの取得や更新で悩む方も少なくありません。通常は、3回検査して2センチ以内の誤差でないと、こういった検査は合格となりません。

スポンサーリンク


運転に深視力が必要な訳


視力には、静止時の視力と動的視力があります。通常の方でも視力は動くものを見るとき低下するといわれています。車を運転するときスピードが上がれば上がるほど、さらに視力は低下してしまうのです。この立体感、遠近感を把握する深視力が劣れば、車で走りながらの距離感をつかみにくくなり、事故を起こす可能性が高くなってしまうのです。現在普通自動車免許では、深視力の検査は行われてはいませんが、深視力は事故と深い関係があるといわれています。追突事故を何度も繰り返しているドライバーは、この深視力が悪い方が多いといわれており、何度も報告があがっているようです。ですが、深視力の悪さは何も乱視の症状だけが原因ではないようです。視力の良い方でも目に疲れが溜まっていると検査結果が通常より悪くなるとの報告もあるのです。

深視力が悪い方


深視力が悪い方は何も乱視の方だけではありません。他にも近視や遠視の方、斜位や斜視の方、左右の視力の差が大きい方、眼球運動の衰えている方などはこの深視力が悪いようです。しかし、トレーニングによって深視力が上がるといわれています。目の筋肉を使い鍛えることで、目の機能は上がるといわれているのです。それゆえ、深視力も上がるといわれているのでしょう。ですが、最も重要なことは、自分に合った矯正です。この矯正が正しく行われていないと、ものを見る視力はもちろんのこと、遠近感や立体感を掴むのは困難です。きちんとした矯正で、深視力を上げ事故のないよう心がけましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加