乱視に効くサプリについて

乱視の改善にはサプリメントが一定の効果あり

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近では、目の健康を保つためのサプリメントが多く発売されています。残念ながら、こういったサプリで乱視を根本的に改善できるものはありません。しかし、乱視を100%改善することはできなくても、乱視の症状を和らげる効果のあるサプリメントはたくさんあります。

乱視の原因は、目の屈折異常です(近視や遠視も同じ)。角膜や水晶体の歪みが原因で光の屈折率がずれ、ピントが合わなくなることで視界がぼやけてしまいます。

ずれてしまったピントを調整してくれる栄養素として、ブルーベリーに含まれるアントシアニン、パセリやブロッコリーに含まれるルテイン、鮭やエビに含まれるアスタキサンチンなどがあります。

これらの栄養素を摂取ることで、眼球や網膜が柔軟になり、ピントのずれが調整されます。乱視や近視、疲れ目などの症状を緩和するサプリメントには、上記の栄養素が含まれています。

尚、乱視や近視、疲れ目に効くサプリメントは各社から多数販売されていますが、イチオシはアサイベリープラチナアイです。

目に良いとされる栄養素


アントシアニン

ブルーベリーに含まれる栄養素です。視力回復とは直接結びつきませんが、眼精疲労などに有効です。毎日摂取することで、目の血液の循環が良くなり、目の細胞の新陳代謝を助けてくれます。

ビタミンA

レバーやモロヘイヤ、ウナギ、人参、春菊などに多く含まれている栄養素です。脂溶性のため油で炒めることで体により吸収されやすくなります。

ビタミンAには、目の細胞を再生させる効果があります。また、目の粘膜を修復してる効能もあるのです。目全体の新陳代謝を高めてくれるのが、このビタミンAなのです。

DHA

サンマやサバなどの青い魚に含まれている栄養素です。DHAには、網膜をやわらかくして、疲れ目を防ぐ効果があります。

尚、DHAには、目の健康を保つ以外にも、記憶力のアップや血液をサラサラにする効果もあります。詳しくは、DHAまるわかりを参照ください。

ビタミンB群

豚肉やレバー、アサリや牡蠣、シジミといった貝類、ホタルイカや筋子、玄米などに含まれているビタミンB群も夕方によく見られる視力低下や日々の眼精疲労、視神経を活発に働かせるのに効果がある栄養素です。

特に、ビタミンB群の中でもこれらに効果があるといわれているのが、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB12などです。積極的にとるよう心がけることで、視神経が活発になるので、視力が良くなったと感じるぐらいの高い効果が望めます。

ビタミンC

柿やオレンジ、ブロッコリーや赤ピーマン、イチゴなどに多く含まれる栄養素です。ビタミンCは水溶性のため、どんなに多く摂取しても体に害になることはありません。ビタミンCは水晶体の透明度を上げ、白内障の症状予防に効果があります。

サプリメントの効果


毎日の食事に気を使えば、サプリメントをあえて摂取する必要はありません。ですが、日常の食生活に栄養が不足している場合、その栄養障害から乱視、近視といった視力低下を引き起こすこともあるのです。

乱視自体を治すことはできませんが、こういった原因要素である栄養は、きちんと取ることが大切です。ビタミンの他にも、タンパク質やミネラルといった良質な栄養素もしっかり取り、目の環境を整える必要があります。

気軽に摂ることのできるサプリメントで、毎日の食生活のバランスを維持していきましょう。サプリメントは、安価なものから高額な商品までたくさん売られています。自分自身で見極め、商品として質の良いものを購入するようにしましょう。

繰り返しになりますが、近視や乱視の症状緩和には、アサイベリープラチナアイがおすすめです。

このエントリーをはてなブックマークに追加