乱視の仕組みについて

乱視の仕組みとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちの目にはレンズの役割を果たす角膜、水晶体というものがあります。これらが歪んでいる状態のため、目の焦点が合わない状態を乱視といいます。ものがぼやけてしまったり、二重、または三重に見えてしまうといった見え方の原因となるものです。

目の仕組みとは?


まずは、乱視を理解するために目の仕組みを理解しておかなくてはなりません。簡単に目の仕組みについて説明しておきましょう。私たちの目には、角膜、水晶体、網膜があります。

ものを見るとき、角膜と水晶体が光を屈折させ、網膜上に映し出すことで映像をとらえることができるのです。カメラで例えると角膜と水晶体はレンズであり、網膜はフイルムということになります。

はっきりものを見るためには、レンズとなる角膜と水晶体がしっかりピントを合わせて、網膜に映し出さなくてはなりません。遠くのものや近くのものをとらえるときに角膜、水晶体はそれぞれピントを調節し、網膜に焦点を合わせているのです。

スポンサーリンク


正常な目(正視)とは?


正常な目(正視)というのは、光が角膜、水晶体のレンズで屈折され、網膜上の一点にピントが合った状態をいいます。網膜上できちんと一点に焦点が合っていなくては、物は歪んだり、ダブって見えてしまうのです。

子供の頃、虫眼鏡を使って太陽の光を集めた経験はないでしょうか?太陽の光を黒い紙の一点に集め、焦がすという実験ですが、このようなことが目の中でも常に行われているのです。

レンズのピントの合っていない状態を、近視、遠視、乱視といい、すべての場合において、眼鏡やコンタクトの使用が必要になってきます。

乱視とは?


レンズの働きをする角膜、水晶体が歪んでしまっていて、ピントの合っていない状態を乱視といいます。その歪み方というのは人それぞれで、縦方向に強く歪みがある場合や横方向に強い場合、斜めに強い場合、またその組み合わさったものと個人差があるのが特徴です。

したがってその見え方もそれぞれで違ってきます。もののぼやけ方や見え方が、その歪み方によって異なるのです。乱視の原因として最も多いのは、先天的な角膜の形状の問題です。

角膜は通常は綺麗な半球体の形をしていますが、乱視の方の角膜はラグビーのボールのように変形してしまっています。

そのため、軽度の方ならメガネでの矯正ができますが、強度の乱視はメガネでの矯正が難しく、ハードコンタクトレンズや矯正手術(レーシック)での矯正しか選択方法がない場合もあるのです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加