乱視の自己治療について

乱視を自分で治すことはできる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

乱視は眼の屈折異常を原因とする症状ですので、自分の努力で治せるものではありません。専門医の受診や矯正が必要になってきます。自分で無理やりどうにかしようと考えるより、まずは専門医を訪れ、自分の目に適した矯正を行うようにしましょう。

乱視とは?


眼球はもともと完全な球体ではなく、個人差はあるものの、多少の歪みがあるものです。その歪みが大きくなってくると、視力に影響を及ぼしてきます。これが「乱視」です。

乱視になると、水晶体の屈折力の調整がきかなくなり、ピントが合わないためにモノの見え方がぼやけてしまいます。そのためものが見にくくなるのです。水晶体は焦点を合わせるのにとても大切な役割を果たしていますので、ゆがみが生じることで光の屈折に大きな影響を与え、焦点が合いにくくさせてしまうのです。

乱視には、角膜のカーブの度合いやゆがみによって起こる「正乱視」と、角膜の表面が炎症やけがなどで凹凸ができるために起こる「不正乱視」があります。

スポンサーリンク


乱視の矯正には?


乱視の矯正は、メガネやコンタクトレンズ使用での矯正が一般的です。正乱視では、メガネやコンタクトレンズで十分に視力矯正できます。ですが、特に重度の乱視では、レーザー手術によって視力回復させることもあります。

いわゆる「レーシック手術」です。レーシック手術による乱視矯正は、角膜の屈折機能を矯正するものです。レーザーで直接メスを入れることにより、眼の屈折率を調整し視力を矯正します。

また、角膜のゆがみを取り除いて形を整え、屈折のバランスを調整していきます。レーシック手術では、直接眼に施しますので、視力矯正には高い効果が期待できます。

また、乱視改善エクササイズなどを紹介しているところもあります。これらの多くは、1日数分間の視力回復トレーニングで、乱視を治すことができるとうたっているものですが、不正乱視の場合、自力回復は極めて難しいといわれています。

子供の乱視


子どもの乱視は、そのままにしておくと「屈折異常弱視」になってしまう可能性も秘めています。また、折角作ったメガネでも、眼とメガネの距離や位置がずれてしまうと、適正に視力を矯正することができなくなってしまいます。

さらに、見にくさゆえの視力の低下や眼精疲労などの他の病気につながりかねません。専門医師の適切な診断を継続して受けた方がよいでしょう。また、定期健診などを利用して常にメガネに関心を持ち、調整することも忘れてはいけません。

いずれにせよ乱視は、自分で治すことのできるものではありません。乱視には早めの矯正が、その後の悪化を防ぐといわれています。少しでも疑いのある方はきちんとした診断を受けたうえで、なるべく早めに矯正するようにしましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加