乱視を矯正できるオルソケラトロジーについて

乱視を矯正できるオルソケラトロジーとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

オルソケラトロジーという言葉を、最近聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?これは、通常のコンタクトレンズとは異なる特殊なオルソケラトロジー用のコンタクトレンズを使用して、角膜を変形させる矯正法です。近視や乱視の矯正に効果がある矯正法なのです。

オルソケラトロジーの効果とは?


特殊なレンズを夜間就寝の時に使用することで、角膜が矯正され、光の屈折が正常な状態になります。乱視は角膜の変形によっておこりますので、これを矯正することで昼間裸眼のまま過ごすことができるようになるのです。

また、同時に近視の進行を抑制するといわれています。オルケラトロジーは、メガネやコンタクトのわずらわしさから解放される大変効果的な矯正方法です。

人によって矯正できる時間は異なりますが、一晩装着することで約8時間から36時間その効果が持続します。毎日の装着が必要ですが、きちんと行うことで快適な毎日を送ることができるのです。

スポンサーリンク


オルケラトロジーのデメリット


一見、何も問題のないように感じるオルケラトロジー法ですが、気づきにくいところにデメリットがあります。デメリットも理解したうえで矯正するのか、しないのかを決めるよう心がけましょう。

時間経過による視力低下

オルケラトロジー法はメガネやコンタクトとは違い、個人差があります。時間が経過することにより、夜視力が低下し見えづらくなる、コントラストの変化に違いが出るといった症状を伴うこともあります。

レンズが汚れやすい

オルケラトロジー法で使われるレンズは、夜間着用するため酸素浸透性の高いレンズを使用しています。そのため、汚れが付きやすいのが欠点です。

レンズ内部には特に注意が必要となります。きちんとこすり洗いをすることが重要になってきます。これを怠ると他の病気の要因となるため、常に清潔に保つことを心がけなくてはなりません。

定期点検が必要

コンタクトレンズは定期点検が必要になります。オルケラトロジーで使用されるレンズもコンタクトレンズですので、もちろん定期的な点検が必要になってきます。オルケラトロジーの場合、レンズの中心が角膜の中央にフィットしていなくては矯正がうまくされなくなってしまいます。

こういった障害が起こると、角膜に悪い影響を与えてしまうこともあるのです。そうならないためにも、きちんと定期的な点検をすることが大切なのです。

乱視の強い場合には使用できない

近視や乱視が強い場合はオルケラトロジーによる矯正が難しく、あまりおススメはできません。屈折異常が大きければ大きいほど、矯正レンズを外してからの戻りが激しいため、一日を通して見え方の変化も大きいものとなります。そのため、近視や乱視のあまり強くない方に向いている矯正方法といえます。

よく、オルケラトロジーと呼ばず、違う名称で売られている商品を目にしますが、これも同じオルケラトロジー法を用いており、特別な違いはありません。同じオルケラトロジーによる矯正法ですので、それ以上の効果は得ることはできません。別名称で売られている商品には、注意をするようにしましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加