手術による乱視治療ついて

乱視は手術で治せる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

乱視はレーシック手術で治すことができます。一般的にレーシック手術とは、近視矯正手術という認識が定着していますが、乱視も近視と同様屈折異常が原因なので、レーシック手術での治療が可能となります。

レーシック手術とは?


レーシック手術とは、角膜をエキシマレーザーで削ることで、角膜の形を変え屈折異常を治療する手術です。角膜とは目の一番外側にあるもので、光を屈折させるのに重要な働きをするものです。ですが、この屈折率が強くても弱くても、目の奥にある網膜で焦点を結ぶことはできません。

これでは、よくものを見ることもできないのです。レーシック手術では、その角膜の屈折をレーザーの照射で調節してあげることで、メガネなどの矯正器具を必要としない理想の目を手に入れることができます。

スポンサーリンク


レーシック手術の手順


はじめに目の角膜を薄く切り取り、この部分をめくった上でその下の部分にレーザーを照射して屈折の調節を行います。このことで角膜は少し薄く削られます。最後に、始めにめくった角膜でふたをして手術終了です。手術時間は約10分ほどといわれており、日帰りで簡単に手術が行えます。

レーシックの安全性


レーシックはもともと、先進国であるアメリカから日本に伝わった技術です。アメリカでは、レーシック手術がすでに年間130万件以上行われています。日本でも2000年に厚生労働省(当時の厚生省)がその高い安全性を承認しており、エキシマレーザーの視力回復手術は急速に普及しはじめました。

レーシック手術はその安全性が高く評価されています。レーザーを照射することによって起こった失明などの事故は、現在まで報告されていません。エキシマレーザーは1oの1/1000という光の制御が可能になっており、極めて安全性の高い機器です。多くの方が手術を行うにはそれなりの理由があるのです。

すべての乱視の方がレーシックを受けることができる?


乱視には、正乱視と不正乱視があります。正乱視は角膜を球面に削ることによって、乱視の屈折異常をレーシックで治療することができます。しかし、メガネでの矯正が困難な不正乱視の場合、角膜の歪み具合によってレーシック矯正が難しいといわれることもあります。

最近では不正乱視のような複雑な角膜異常でも、レーシック治療の進歩により手術が可能となってきました。ですが、不正乱視の方がレーシックを受けても、思うような効果を得ることができない場合もあります。

レーシック手術を受ける際には医師とよく相談してみることが大切です。その上で、しっかりとした治療効果を受けるためにも「自分にレーシック矯正は合っているのか?」きちんと話を聞いてみましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加