乱視と頭痛や吐き気、肩こりの関係について

乱視が原因で頭痛や吐き気、肩こりを引き起こす?

このエントリーをはてなブックマークに追加

乱視の症状は、頭痛や吐き気、肩こりの原因になります。はじめは目の痛みなどから発症するものですが、目の疲れを溜めこむことで肩こりを引き起こし、それが強くなることで吐き気や頭痛となることがあるのです。

疲れ目は乱視が原因?


乱視はその度合いが弱いものであれば、あまり心配はなく特別な矯正も必要ありません。ですが、単眼複視といわれるように片目でものを見てもぼやけて見えたり、二重、三重に見える場合には、目はそのものをとらえようと無理やりピント調節を行うのです。これが目にとって大きな負担となり、眼精疲労を引き起こしてしまいます。

また、暗い場所や夜の車の運転などで見づらいといった場合にも、目には大きな負担になります。これは、乱視の目の原因である屈折異常によるものですが、目が均一に外から入ってくる光を屈折できなくては、光がまるで乱反射するように見づらい症状を引き起こしてしまうのです。こういった症状が日々の生活で疲労となり、積み重なることでもっとひどい症状となってしまうのです。

スポンサーリンク


その主な症状として、肩こりや頭痛、吐き気などがあります。これらの症状がみられる方は、なるべく早めの矯正が必要です。

こういった症状で日々の生活に支障が出てくるようであれば、一度眼科の診察を受けるようにしましょう。矯正することである程度の眼精疲労は回復することができます。

眼精疲労を解消


乱視を矯正すれば、ある程度の眼精疲労は回復することができます。ですが、乱視を矯正していても、眼精疲労を伴うこともあるのです。それが肩こりや頭痛、吐き気を引き起こすということもあります。

まずは、矯正があっていない場合です。乱視は年をとると進行することもあり、以前に作ったメガネが合わなくなることがあります。そういったときに、肩こりや吐き気、頭痛を発症してしまうのです。

他にも、右と左の乱視角度の違いにより、眼精疲労を起こし、肩こりなどの症状を起こしてしまうことがあります。それには、乱視の軸というものが深くかかわってきます。片目の時はあまり感じなくても両目でものを見るときに、この軸の違いで目は疲れてしまうのです。

通常、乱視の軸は5度刻みで計測されます。この左右の差が大きければ大きいほど眼精疲労を引き起こしやすく、肩こりや吐き気、頭痛といった症状まで発症してしまうのです。

乱視の場合には、矯正といってもその調節が難しいといわれています。矯正してもそれが合わず、クラクラする、肩がこるなどの問題も多いのです。

自分に合ったメガネなどを作る際には、良いメガネ店を選ぶことが大切です。経験豊富な良いメガネ店を選び、肩こりなどの症状を出すことの無い、自分に最適な矯正具を使用するようにしましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加