眼球ストレッチと乱視の関係について

眼球ストレッチが乱視に効く?

このエントリーをはてなブックマークに追加

乱視の目は、ものを見るときにピントを合わせるのが困難です。目に痛みを感じることもありますし、目の周りの筋肉に疲労が溜まりやすくなります。眼球周辺の筋肉をほぐしてあげることで、カスミ目、疲れによる視界不良などの症状を緩和させることができます。

もちろん眼球のストレッチで乱視の症状が治るわけではありませんが、乱視による眼精疲労を改善していくことは十分可能なのです。毎日眼球ストレッチ続けて、乱視の方の悩みである眼精疲労を取り除いていきましょう。

温タオルで疲労回復


長い時間パソコンに向かった後は、目や周りの筋肉も硬くなってしまっています。血のめぐりが悪くなることによって、見ているものがちらついたり、かすんだりする症状が日常的なものになってしまいます。しかし、こういった症状は温タオル一枚で改善できます。

作り方は簡単でお湯を沸かしタオルを浸して絞り、目を温める。あるいは絞ったタオルを電子レンジで2、3分程度温め、目の上に乗せて目を温めるだけです。この時に肩や首なども温めてあげると血流がよくなり、より一層効果が期待出来ます。

スポンサーリンク


瞼の筋肉マッサージ


温タオルをした後の方がより効果的ですが、凝り固まった筋肉をほぐすマッサージ法を覚えておきましょう。はじめに瞼と瞼の周りの筋肉をほぐしていきます。やり方は簡単で、目をぎゅっと10秒つぶる。10秒見開く。それを3セット繰り返します。

現代の生活で目を大きく動かす機会は、かなり減ってしまっています。しかし、こういったストレッチをすることで目の周りの筋肉は活性化し、疲労を取り除いてくれるのです。

血流改善マッサージ


書き物やパソコンをしていて「目が疲れたなぁ」とふと思った時に効果的なストレッチを紹介します。日頃から目をいたわることで、眼精疲労を取り除きましょう。やりかたは簡単です。片方ずつ軽く拳を握り、人差し指のあたりを瞼の上にのせます。

このとき、決して指を瞼に押し込んだりしてはいけません。あくまでも優しく、内から外側に向かうようにして瞼をなぞっていきます。同じように涙袋の上も、ゆっくりと内から外に向かってなぞってあげて下さい。外側へ揉み出してあげることによって、溜まった血液を流し出す効果があります。

こういったストレッチを日頃から心がけることによって、乱視による目の疲れは緩和することができます。日頃から目を酷使している人は、特にその疲労が何日も続いてしまうようです。

パソコンやテレビをみたら、遠くをしばらく眺める。それだけでも目の疲れを溜めない効果があります。眼精疲労を防ぐ、緩和させるために、目のストレッチを試してみましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加