乱視の人の眼球について

乱視の人の眼球とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

乱視の方の眼球は、実は歪んでいます。眼球の構造の歪みが原因で近視や遠視、乱視が起こるという「ベイツ説」というものがあります。その説によると、眼球の外眼筋の緊張により眼球が歪み、それが原因で乱視の症状が現れているのです。

近視、遠視の人の眼球の歪み


近視の場合、外眼筋である上下に斜筋の緊張により眼球を横から締め付け、眼球自体が奥に長い状態に歪んでしまいます。そのため角膜や水晶体の凸状態が通常より強く、眼球が歪んでしまっているのです。

近視には、凹レンズを用いた矯正が行われます。遠視の場合には、外眼筋の4本の直筋の緊張が強く、眼球を前後に押しつぶしています。それが理由で、眼球の形が変形しているのです。角膜や水晶体が平坦なため、凸レンズを使用し矯正を行います。

スポンサーリンク


乱視の眼球の歪み


乱視も、眼球の歪みが原因となります。乱視の場合、外眼筋のバランスが悪く、緊張している筋肉と緩んでいる筋肉が入り乱れている状態です。そのため眼球自体が、歪んでいびつになってしまいます。

これによって、角膜や水晶体といったものも変形しいびつになり、乱視の原因を招いてしまうのです。その歪み方は人によって、歪みの強い部分が違っています。縦方向に強い歪みがある場合や横方向に歪みが強い場合、斜め方向に歪みが強い場合とそれぞれです。

眼球の歪みによって、角膜が凹凸になってしまった場合には、メガネなどで矯正できます。ですが、水晶体自体の歪みを招いてしまった場合は、深刻なケースとなってしまうのです。

水晶体自体が変形し歪んでいる方は少数ですが、このような乱視は「不正乱視」と呼ばれ、矯正が難しくなります。不正乱視はハードコンタクトレンズで矯正できることもありますが、眼球自体の変形は治すことはできません。

乱視になる原因を作らないことが大切!


疲れているのにパソコン画面を見続けたり、細かい文字を長時間読んだりと目を酷使してしまったり、よく見かける目を細めて物を見る行動は、眼球自体の歪みを生むといわれています。

もちろん、一度や二度では眼球は元の状態に戻りますが、こういった長年の行為で眼球が歪んでしまうのです。その結果、物が二重、三重に見える、ぼやけて見えるといった症状の乱視となってしまうのです。日頃から、こういった行為は極力避ける必要があります。

また、乱視は近視や遠視と組み合わさって症状を起こすことも少なくありません。眼球の筋肉の緊張は、日々ケアしてあげることが大切です。

目が疲れてきたなと思ったら休む、またはマッサージをして目の筋肉の緊張をほぐしてあげるのが効果的といえます。乱視になってしまう前に、眼球の変形を起こしてしまう前に、歪みの原因を作らないよう心がけましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加