乱視でもダイビングの関係について

乱視でもダイビングはできる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

乱視であってもダイビングを楽しむことはできますが、乱視の程度によっては裸眼で潜る場合に、海本来の美しさを実感することができない場合もあります。

コンタクトを使用してのダイビングは、怪我のもととなり危険といわれています。最近では、ダイビングを楽しむために、レーシックで乱視を矯正して楽しむ方が増えてきています。

ダイビングや水泳を楽しみたい


乱視の人であっても、ダイビングや水泳などのスポーツを思いっきり楽しみたいものです。普段メガネやコンタクトレンズを使用している人ならば、「見えにくいが、メガネやコンタクトレンズを外して裸眼で泳ぐ」「コンタクトレンズをしたまま泳ぐ」「コンタクトレンズの上から通常のゴーグルをかける」など、対応策として考えられるものにはいくつかあるでしょう。

軽度の乱視や近視の人でしたら、メガネやコンタクトレンズを外しても、十分に水のスポーツを楽しむことは可能です。しかし、度の強い人は裸眼では無理があります。

スポンサーリンク


ですが、乱視で見にくいからといってコンタクトレンズを装着したまま水泳をしますと、水の中でコンタクトレンズが流れてしまうこともありますし、プールの水や海水などの成分や水分を、レンズ自体が含んでしまうことも考えられます。

これは、眼への影響や衛生面からみても非常に良くない状態です。水のスポーツでは、ソフトレンズ、ハードレンズ共に外すことをおすすめします。

乱視用の便利なゴーグル


メガネやコンタクトレンズの装着の悩みを抱えたままでは、海やプールなどの水のスポーツには制限ができてしまいます。また、裸眼では十分に楽しむことができません。

せっかく泳ぎたいと思っているのに、近視や乱視が理由で、水のスポーツに対して抵抗を感じ敬遠してしまうのは非常に残念です。

大手の専門スポーツ店には、近視の程度に合わせた「度付きのゴーグル」が販売されています。また、乱視の人用のフィット感の良い度付きのゴーグルもあります。1度検討してみると良いでしょう。

レーシック矯正で楽しむ


今何かと耳にすることの多い乱視矯正方法に、「レ―シック手術」というものもあります。レ―シック手術は、角膜にレーザーを照射し、屈折力を矯正し視力を回復させるものです。

水泳やダイビングなど頻繁に水中に入る機会の多い方は、このレーシック矯正法がおすすめです。市販されている度付ゴーグルによる変な日焼けを避けることもできますし、なんといっても常日頃からの矯正に縛られないのが良い点でしょう。

最近では、レーシックの安全性も広く認められてきています。多くのダイバーも利用している、安心して矯正できる治療法といえるでしょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加