乱視と複視の違いについて

乱視と複視の違いとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

乱視と複視はよく混同して捉えられがちですが、全く違うものです。簡単にいうと乱視は目の症状であり、複視は見え方のことです。複視というのは、ものが二重に見えることを指します。乱視に限らず、近視でも遠視でも複視の方はいるのです。

複視とは?


複視とは、ものが二重に見えてしまう症状を指した言葉です。乱視の方でも、ものが二重に見える方は複視ということになります。乱視に限らず、近視や乱視の方でもまた、ものが二重に見える方は複視ということになります。

この複視には大きく分けて2つあります。一つ目は両目でものを見ると二重に見えるのに、片目では二重に見えない複視。もう一つは、片目ずつでも、ものが二重に見えてしまう複視です。

このような複視は自分自身でも何となくは分かりますが、乱視か、ただの複視かを判断するのは個人では難しいでしょう。詳しく調べてもらうには、やはり眼科やメガネ屋で検査してもらう必要があります。

いずれにせよ、複視の状態は目に負担になります。メガネなどで矯正していても複視の状態が表れることがあるため、気づいた時点で一度眼科を受診しましょう。

スポンサーリンク


複視の症状


両目ではものが二重に見えるのに、片目では正常な状態の複視

このような複視の原因は、両目のバランスの問題です。左右の目の視力が極端に違ったり、メガネの度数が大きく違う、また目の向きにズレがあるなどが考えられます。

このような場合は、きちんと調節されたメガネやコンタクトにする、または変えることで改善されます。目の向きのズレに関してはプリズム処方などで改善できます。左右のバランスをしっかり整えて複視を改善しましょう。

片目でもものが二重に見える複視

原因として考えられるのは、主に矯正器具の度数が合っていないことによる複視です。これはやはり、矯正器具の度数をきちんと調節することで改善されます。しかし、少数ですが、脳の病気や神経異常の可能性も考えられるのです。

ものを見るということは、目だけで行うことではありません。そこに脳の働きも関係しているのです。メガネなどで改善できない場合は、こういった原因も考えなくてはなりません。

単純に疲れなどによる場合もありますが、個人で判断するのは危険です。矯正だけで改善できない場合は、脳などの専門医を受診しましょう。

乱視と複視


乱視もものが二重にみえるため、よくこの乱視と複視は混同しがちです。ですが、個人での判別は難しく、やはり眼科やメガネ店といった専門家の判断が必要になってきます。自分の目の状態を知りたければ、目の専門医で判断していただくといいでしょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加