乱視の治療(矯正)方法について

乱視の治療(矯正)方法とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

乱視の矯正方法は、大きく分けて4つあります。まずは、一般的な矯正法である「メガネ」や「コンタクトレンズ」です。他にも「オルソケ(オルソケラトロジー)」と呼ばれる視力回復治療法や「レーシック」という角膜屈折矯正手術もあります。それぞれの特徴について詳しく説明しておきますので、自分に合った矯正法を選択するようにしましょう。

メガネとコンタクトレンズによる矯正


最も一般的といえる矯正法が、このメガネやコンタクトによる矯正です。一般的な乱視である正乱視であれば、メガネによる矯正ができます。近視性乱視であれば凸円柱レンズを使用したメガネで矯正できますし、遠視性乱視であれば反対に凹円柱レンズで矯正できます。

しかし、乱視の度合いによってはメガネでは矯正できないこともあります。最近では、コンタクトもよく矯正に用いられています。もちろん正乱視の方はコンタクトの矯正が可能ですが、不正乱視の方でもコンタクトなら矯正ができます。

スポンサーリンク




最近では改良されて、ソフトコンタクトでも乱視用が発売されています。ですが、不正乱視の方は、主にハードレンズを使用した、乱視用コンタクトレンズで矯正する方法が用いられています。

オルソケラトロジーによる矯正


最近新しくでてきた矯正法で、オルソケラトロジー法というものがあります。これは目の中の角膜自体を整形し、矯正する方法です。寝ている間、角膜をより良い状態にするコルセットのようなハードレンズを付けることで、時間をかけて角膜を矯正していきます。付けたからすぐに良くなるということはありませんが、寝ている間に苦痛を伴わず使用できる手軽さが特徴です。

オルソケラトロジーの使い方や注意点、メリット、デメリットなどについては、オルソケラトロジーまるわかりを参照ください。

レーシックによる矯正


医学的面から乱視を矯正していく方法です。手術を行う方の乱視の度合いをコンピューターで計測し、その上で角膜を切開し、レーザーを照射して矯正するものです。あらかじめインプットされた情報により計算された上でレーザーを当てていきますから、矯正が困難といわれている乱視でもこの治療は受けることができます。

ですが手術ですので、すべての方がレーシック矯正を受けられるわけではありません。もし、レーシックを受けることができない方でも、「フェイキックIOL」と呼ばれる眼内レンズで治療が可能な場合もあります。

近視の治療でもレーシック治療は使われており、この先矯正なしで過ごしてみたいという方には、このレーシック治療法で矯正するのも選択肢の一つといえるでしょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加