乱視の原因について

乱視の原因とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

乱視には、角膜が原因で起こる角膜乱視と水晶体が原因の水晶体乱視があります。多くの乱視は角膜乱視であるといわれています。その角膜乱視の原因には、先天性のものと後天性のものがそれぞれ考えられます。

先天性の角膜乱視の原因


角膜乱視の原因が先天性の場合、遺伝による可能性があります。他にも意外と知られていませんが、妊娠時、出産時の状態も関係しているのです。

母親のおなかにいるとき逆子だったり、出産の際に帝王切開だったりしたことが、角膜乱視の原因となることもあるのです。実際に出産時、帝王切開で生まれた方の中には角膜乱視の方が多くいるのです。

後天性角膜乱視の原因


眼科疾患や眼科手術が原因

後天的理由としては、円錐角膜や角膜炎などによる病的疾患があります。白内障による手術を受けた方や翼状片を患っている方も乱視になることがあります。こういった病的疾患が原因の場合には、不正乱視となってしまうこともあり注意が必要です。

スポンサーリンク


逆さまつ毛

案外軽視しがちなのが、逆さまつ毛です。角膜を傷つけてしまうことで、角膜炎などを引き起こす原因となり、結果的に乱視となってしまうことがあります。もし、逆さまつ毛があるなら治療してあげるのが一番です。特に子供などは注意が必要です。

目を細める癖が原因

近視などの方が、良く見えない遠くのものを見るときに、目を細めものを見ようとしますが、これも乱視の原因になります。眼球を上下に潰す力が加わり、それが角膜や水晶体の変形を引き起こしてしまうのです。

疲れ目が原因でものが見にくく、目を細める方もいます。最近ではパソコンを長時間している方に、目を細める方が増えてきているといいます。疲れているときは、見にくいものを無理やり見ないように休むといった配慮が必要です。目を細める癖をなくすよう心がけましょう。

水晶体乱視の原因


水晶体のゆがみにより、引き起こされる乱視のことをいいます。これもまた、先天性の原因と後天性の原因があります。先天性のものは、やはり角膜乱視同様、生まれつき水晶体が変形してしまう遺伝の場合が多いといわれています。こういった矯正は、専用のコンタクトを使用するなどの対策が必要です。

後天性の水晶体異常は、目を酷使することで起きてしまうといいます。一定時間以上、細かい字を見続ける、パソコンを長時間使用するなどすると、目の水晶体が斜め下に引っ張られ変形してしまうケースです。

これを何度も繰り返し続けると、水晶体は戻らなくなります。そのため乱視の原因となってしまうのです。こういった後天性の原因は、目を休めるといったことで簡単に予防することができます。目が疲れたら無理をせず、乱視を引き起こす原因を作らないようにしましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加